石垣海上保安部は29日午前、台風21号で被害にあった沖縄県与那国町へ調査員3人を派遣した。石垣航空基地からはヘリを出して空からの被害確認も行った。現地の調査員らによると、同町祖納では電気、ガス、水道のライフラインが壊滅状態という。

台風21号の影響で陸揚げされた漁船が横倒しに。船体が半分沈んだ船も確認された=29日午前8時57分、与那国町・久部良漁港(石垣海上保安部提供)

 久部良漁港では船舶一隻が転覆、また陸揚げされた漁船が横倒しの状態に。そのほか風車の破損や貨物コンテナの散乱、電柱電線の倒壊がみられたという。