台風21号の通過を受けた沖縄県災害対策本部会議(本部長・翁長雄志知事)が29日午後、県庁で開かれ、同日午後4時20分時点で、与那国町で民家の全壊が10軒、半壊が27軒、一部損壊が200軒以上確認されていることが分かった。同町と石垣市で最大318人が避難した。

倒壊した倉庫とみられる木造屋=29日午前10時半すぎ、与那国町(石垣海上保安部提供)

 県は同日、与那国町からの依頼を受け、陸上自衛隊に災害支援要請し、停電や通信回線復旧に必要な作業員や機材をヘリで輸送した。