日米両政府が29日署名した日米地位協定を環境分野で補足する新たな協定に、沖縄県の要望はほとんど盛り込まれなかった。「地位協定問題に風穴は開いたが、期待外れ」と県幹部。政府関係者は「県の要求は高すぎる」と協定締結自体を評価するよう苦言する。