名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で5日、年明け初の座り込みが行われた。小雨が降る中、かっぱ姿の約20人が「今年こそ新基地建設を止めよう」と決意を新たにした。 県統一連の瀬長和男事務局長は「国は県民を諦めさせるために、できるところから工事を進めている。しかしまだ諦める状況ではない。