【読谷】村古堅の児童デイサービス「きらめき」の子どもたちがこのほど、72年前の沖縄戦で「集団自決(強制集団死)」が起きた村波平のチビチリガマに千羽鶴を贈った。 きらめきに通う小学生から高校生まで約20人が2カ月かけ、平和になるようにとの願いを込めて千羽鶴を折ったという。