第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」のテニスは30日、少年女子決勝が行われ、リュー理沙マリー・下地奈奈(沖縄尚学高)が千葉代表を下し、初優勝を飾った。県勢の優勝は井上青香・摩衣子の姉妹が福島国体を制して以来、20年ぶり3度目。

千葉との接戦を制し、抱き合って喜ぶ沖尚高のリュー理沙マリー(左)と下地奈奈=30日午後、和歌山市立つつじが丘テニスコート

 第1シングルスのリューが8―2で快勝。第2シングルスの下地奈奈が2―8で敗れたが、2人は今大会初のダブルスに臨み、8―6で接戦を制し、栄冠に輝いた。