米海兵隊は、沖縄の亜熱帯海洋性気候が米軍機に与える影響を考慮し、これまで防さび対策などを講じてきたが、軍事費の大幅削減が整備面を直撃。