糸満市の真栄里大綱引きが9月28日、集落のメーミチ広場であり、区民が東(アガリ)と西(イリー)に分かれて熱戦を繰り広げた。結果は、東が6年ぶりに勝利。喜びを爆発させる東の区民に、観客たちは惜しみない拍手を送った。 両陣営は、ドラやホラを鳴り響かせながら、綱を担いで会場に登場。