【沖縄】第2次泡瀬訴訟の原告らでつくる「泡瀬干潟を守る連絡会」が26日夜、「市民集会-泡瀬控訴審勝利に向けて」を沖縄市知花のかりゆし園で開いた。公共事業に詳しい法政大の五十嵐敬喜名誉教授が「埋め立ては止められるか」と題し講演、「泡瀬と辺野古の埋め立てでは、沖縄県の立場は矛盾している。