沖縄県は30日、名護市辺野古の埋め立て承認取り消しについて、「聴聞」を設定している7日以降に判断すると発表した。翁長雄志知事は県庁で記者団に対し、「いろんな場面が想定できるので慎重を期して、聴聞主宰者として判断した」と説明した。沖縄防衛局は29日付で陳述書を提出しているが、聴聞には出頭しない方針を示している。

記者の質問に答える翁長雄志知事=30日午後、県庁

 翁長知事は取り消す時期について「政治スタンスの結実なので、県民との信頼関係を含めて判断する」と述べ、明言は避けたができるだけ早く判断したい考えを示唆した。

 県が28日に提出した聴聞通知書に対し、防衛局は「承認手続きに瑕疵(かし)はなく、取り消しは違法」とする陳述書を提出し、聴聞への対応を終える考えを示している。県が即座に取り消しを判断する選択肢もあったが、弁護士と調整した結果、聴聞を設定した側として待つことを判断した。

■国「何ら瑕疵はない」

 県が国に配慮し開催を決めた「聴聞」に対し、沖縄防衛局は通知翌日の29日、陳情書で対応した。防衛局は聴聞に出頭しないと明言しているが、県は聴聞を設定した立場として10月7日まで待って取り消すと判断。待ち構える法的措置の応酬を見据え石橋をたたいて渡る県の判断に対し、国は早期に法廷闘争へ進め決着をつけたい構えだ。

 県が聴聞日を待ってそれ以降に取り消すと判断した根拠は、行政手続法や県の規則に、聴聞を終える基準や要件などの明記がないため。防衛局は陳述書の提出を聴聞出頭に代えて、終結しても構わない考えを示している。

 県庁内では「規定がないのだから、知事判断ですぐにでも取り消していいのではないか」との見方もあった。ただ「聴聞の日まで、(出頭を)受け付けることが起こりうるかもしれない」(翁長雄志知事)上、聴聞期日を待たずに判断することが不備や瑕疵(かし)と認定されるリスクも考慮し弁明の機会の門戸を開いておく方が安全との結論に至った。

 県が取り消し判断を7日以降に引き延ばしたことに、政府関係者の一人は「政府には何ら瑕疵はなく、裁判になれば堂々と主張するだけ。影響は全くない」と意に介しない。「早く取り消して法廷闘争に入ればいい」と切り捨てた。