重い心臓病で早期の移植手術が必要な翁長希羽(のあ)ちゃん(1)を支援するため、沖縄県レンタカー協会が、会員の28社100カ所の事業所に募金箱を設置する。30日には、のあちゃんを救う会から募金箱が手渡された。

 レンタカーの事業所に置いて、沖縄県外から訪れる観光客らに広く協力を呼び掛けるのが狙い。今後、レンタカー協会は、賛助会に当たるレストランやショッピングセンターなど約180社にも設置を呼び掛ける。白石武博会長=写真右=は「1人の子どもの命を守る沖縄のパワーを見せられるように取り組む。情報も広げていきたい」と話していた。

 また、県労働金庫も1日から、沖縄県内すべての営業店舗14カ所に募金箱を設置する。救う会では、募金箱の設置を受け付けている。問い合わせは事務局、電話098(860)7607。