雇用期間に定めのある労働者が同じ職場で5年を超えて働くと、正社員と同じように定年まで勤めることができる「無期転換ルール」が、ことし4月から本格運用される。 「働き方改革」をリードする仕組みとして、非正規労働者の着実な待遇改善につなげてもらいたい。