米上下両院軍事委員会の委員長らは29日、国防権限法案の最終案を発表した。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐり、下院案に盛り込まれていた「辺野古が唯一」の文言は削除されたものの、日米両政府の現行計画を支持するとの立場を表明しており、米議会が再び辺野古移設を見直す可能性を否定した。