【東京】政府は29日、沖縄県浦添市北西部で捕獲されたハブから有害物質のポリ塩化ビフェニール(PCB)や使用が禁止されている農薬のDDTが検出された問題で、米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の有害物質が発生源の可能性があるとの指摘に関し、「当該分析結果が同地区に起因するものとは一概に言えない」とする答弁書を閣議決定した。

 糸数慶子参院議員(無所属)の質問主意書に答えた。

 浦添市が政府に求めている基地内や周辺での調査および地域住民への説明などについても、同地区に起因するものとは一概に言えないことを理由に、「現時点において確たることを申しあげるのは困難」として明言は避けた。