【読谷】県警は8日午後9時ごろ、規制線を緩め、マスコミ各社に対して不時着地点から近い場所での撮影を約15分間認めた。だが、米軍がカメラに向けて投光器2台を照らし撮影を妨害。報道陣がライトを消すよう強く求めるなど現場は騒然とした。 報道陣が現場に近づけたのは不時着から4時間半後。