沖縄タイムス+プラス ニュース

トラブル続発「クレイジー」と沖縄米軍トップ 県は全機の点検要求

2018年1月10日 15:00

 米軍普天間飛行場所属の米軍ヘリがうるま市伊計島と読谷村に相次いで不時着した問題で、富川盛武副知事は9日、県庁に外務省沖縄事務所の川田司大使と沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長を呼び抗議した。富川氏は在沖米軍の全航空機の点検と、その間の飛行中止を重ねて要請した。

相次ぐ米軍機の不時着について(右から)中嶋浩一郎沖縄防衛局長、川田司沖縄担当大使から説明を受ける富川盛武副知事=9日、県庁

 富川氏は、昨年12月のCH53E大型輸送ヘリによる小学校への部品落下事故後、県などが安全管理体制の見直しを求めてきたにも関わらず事故が発生したことに「強い憤りを禁じ得ない」と批判。全機種の点検などを日本政府の責任で米軍に実施させるよう求めた。

 さらに、富川氏は事故の頻発は「日米同盟、安全保障体制への脅威だ」と指摘。読谷村に不時着したAH1Z攻撃ヘリが翌9日、地元への説明がないまま普天間飛行場へ向け離陸したことに「何の説明もなく飛び立つのは理解しがたい」と対応を疑問視した。その上で、「県民の不安は一層増している。実効性のある不安除去と事故防止策を第一に求める」と訴えた。

 また、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官が富川氏に対し、トラブルが続発する現状を「クレイジー」と表現したことに触れ、「統制がとれていないという解釈もできる。米軍の管理体制が非常に緩いことを示している」と不快感を示した。

 川田氏は、ニコルソン氏に電話で整備体制の見直しなどを求めたと、明らかにした。

 謝花喜一郎知事公室長は米側には県民の不安が伝わっていないとし、県民との溝を埋めるために県、米軍、日本政府で構成する協議会の設置を強く要請した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム