沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、本体工事着工前の事前協議について、沖縄防衛局が辺野古漁港の埋め立てと美謝川の切り替え水路を協議の対象外として、沖縄県と見解が分かれていることが1日、分かった。県は「埋め立てそのもので、水路も仮設とは認められない」として、実施設計ができ次第、協議するよう求めている。