第22回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション(主催・南城市、沖縄電力、沖縄タイムス社)の記者会見が1日、県庁であり、南城市の古謝景春市長らが多くの参加を呼び掛けた。オーディションは来年3月。

おきでんシュガーホール新人演奏会オーディションへの参加を呼び掛ける南城市の古謝景春市長(右から2人目)ら=1日、沖縄県庁

 同オーディションは将来性に優れた音楽家の発掘などを目的に1994年から開催されている。募集対象は声楽、ピアノ、弦楽器、管・打楽器の4部門。今回から県出身・在住者などを対象とした「沖縄賞」が新設される。主催者代表の古謝市長は「若き演奏家の応募を待っている」と期待した。

 募集期間は1日から2016年1月8日。問い合わせは同ホール、電話098(947)1100。