1年前に名護市で保護された海鳥マミジロアジサシが約7500キロ離れたイランから飛来していたことがこのほど、山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)の調べで分かった。付けられた足環がイラン環境省によるものと判明した。日本-イラン間の野鳥の移動が確認されたのは初めてという。

マミジロアジサシ(資料写真、山階鳥類研究所提供)

保護されたマミジロアジサシの足環(どうぶつたちの病院沖縄提供)

マミジロアジサシ(資料写真、山階鳥類研究所提供)
保護されたマミジロアジサシの足環(どうぶつたちの病院沖縄提供)

 見つかったマミジロアジサシは2014年10月、名護市のゴルフ場で保護された。台風の影響で陸地に吹き寄せられたとみられ、衰弱した状態で見つかり、市内の動物病院に運ばれたときには死んでいたという。

 NPO法人どうぶつたちの病院沖縄から知らせを受けた山階鳥類研究所が装着していた足環を調べたところ、イラン環境省が13年7月、ペルシャ湾沿岸のナヒールー島でひなを捕獲し放鳥した際に付けたものと一致した。本来イランで繁殖する個体群は越冬地のインドや東アフリカとの間を移動すると推定されている。

 どうぶつたちの病院沖縄の金城道男副理事長は「沖縄に来るアジサシは主に太平洋沿岸を南北に移動していると考えられるが、遠くインド洋からもっと長距離を移動する例もあることが示された。標識調査で今後さらに詳しいことが分かるかもしれない」と話した。 マミジロアジサシは全長35~38センチで、沖縄には5~9月に飛来し、本島や離島周辺の小島、岩礁で繁殖する。