1日午後6時15分ごろ、沖縄県宜野湾市伊佐の鉄筋コンクリート造り5階建てアパートで火災があった。消防車両12台が出動し、約2時間半後に鎮火したが、出火した5階一室約78平方メートルが全焼。けが人はいないが、国道58号北向け車線が一時交通規制され、最大3キロ渋滞したという。宜野湾署と消防が出火原因を調べる。

激しく燃えさかる火災現場を心配そうに見詰める近隣住民ら=1日午後7時ごろ、宜野湾市伊佐

 宜野湾消防によると出火当時、出火元の部屋の住人男性は不在だった。現場は国道沿いの住宅地で住人の7世帯が避難。消火活動で騒然とする現場の傍らでは、黒煙の上がるアパートを泣きじゃくりながら見つめる住人らの姿もあった。

 爆発音を聞いたという現場付近の女性(70)は「住宅が密集している場所で、大きな火事なんて怖い」と不安そうだった。