【宮古島】フラの世界大会「カギマナフラin宮古島2015」(主催・宮古島市など、共催・沖縄タイムス社など)が1日開幕した。初日は伊良部島の佐和田の浜前で大会の成功を祈願する「奉納舞」があった。

ギネス記録に挑戦するフラを奉納する参加者ら=1日、宮古島市伊良部の佐和田の浜前

 大会実行委員会やフラの指導者らが参加。神棚に供え物をした後、線香をたき、大会の成功を祈願。伊良部大橋で2千人がフラを踊りギネス記録に挑戦する課題曲の舞を奉納した=写真。

 オリ(詠唱)をささげたハウオリーズ・マサコ・アケタ・フラスタジオ=岡山県=の緋田雅子代表は「この島にフラが根付くように祈った。大会も成功しますように」と話していた。大会は2日にマティダ市民劇場で「スペシャルハワイアンショー」、3日には伊良部大橋でのギネス記録挑戦と野外の無料イベント「トゥリバー・フラ」、4日に競技会などが予定されている。