県豆腐油揚商工組合(久高将勝理事長)は県内で製造し、一定の品質基準を満たした豆腐を「沖縄島どうふ」に認定するロゴマークを制作、9日発表した。安心安全な県産ブランドとして、県外市場で製造が増えている県外産との差別化を図る。減少傾向にある島豆腐の生産量回復も目指す。