沖縄市知花の東南植物楽園で1日、看板犬の「マチコ」が園内デビューした。ことしのえとの「戌(いぬ)年」にちなみ、来園者を出迎える大役を担い、愛嬌(あいきょう)を振りまいている。

来園者と触れ合う東南植物楽園の看板犬「マチコ」=1日、沖縄市知花・東南植物楽園(同園提供)

 マチコは柴犬の雌。昨年3月に同園に来たが、客と触れ合える“おもてなし”のトレーニングを積んで元日のお披露目となった。同園は「初日は少々緊張した面持ちだったが、2日目からは愛らしい笑顔でお客さまを出迎えていた。ぜひマチコに会いに来てほしい」とPRしている。

 同園によると、マチコは賢くていろいろな芸ができる。チャームポイントはきれいな毛並みと眉毛。マチコには、体験プログラムが楽しめるタコノキステーション横広場で会える。