豊見城署は10日、那覇市のイオン那覇店で「110番の日」のイベントを開き、110番通報の適正利用を呼び掛けた。同市のたばる愛児保育園の園児ら39人もかわいらしいダンスを披露し、会場を盛り上げた。

ミニ白バイの乗車体験をする参加者=10日、那覇市のイオン那覇店

 同署の仲村智成署長は2017年、同署に寄せられた110番通報1万5千件のうち、無言電話や緊急性のない苦情が3割を占めると説明。「110番通報の正しい利用について理解し、安全・安心な沖縄の実現のため協力してほしい」と訴えた。

 豊見城中央交番の真謝守次交番所長による110番通報の歴史や仕組みについての講話もあった。