沖縄県宮古島市出身の匿名の男性(59)が10日、那覇市久茂地の沖縄タイムス社を訪れ、子どもの貧困問題の解決に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」に500万円を寄付した。

子どもの貧困問題の解決に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」に500万円の寄付があった

 ニュースで県内の子どもの3人に1人が貧困状態にあると知り、ショックを受けたことがきっかけで寄付を決めたという。

 自身には8歳と6歳の孫がいるといい「孫を持つ祖父として、困っている子どもがいるならできる限りのことをしてあげたいと思った。有効に役立ててほしい」と語った。