2-3の七回1死満塁、那覇商の安富勇人監督は次打者席で控える6番真銅泰良に近寄り、肩を抱いて話し掛けた。「どんな球でもいい。思いっ切り打て」。言葉通り、狙い球の直球を思い切りはじき返すと、中前への決勝2点タイムリーになった。「それまでは打撃に迷いがあった。