先制、中押し、ダメ押しと、付け入る隙を与えなかった八重山が9-2で昨年大会覇者の中部商業を退け、初の4強入りを決めた。 初回から主導権を握った。1死満塁の好機で、打席には5番新里光平。「練習通りのセンターから逆方向」を意識し、一塁線を破る2点先制打で流れを呼び込んだ。