1-1の延長十回表1死満塁、打球がライトに高々と上がった。八商工の右翼手が捕球するも「捕球が甘い。いける」と、すかさず嘉手納の三走古謝巧真がスタート。送球エラーも呼び込み、待望の決勝点をもぎ取った。 背番号9の左腕、仲井間光亮が初先発し、低めのコースを丁寧に突く投球で要所を締めた。