揚げたてのチーズトンカツに熱々のみそ汁、手作りのゴーヤーの漬物はまさに家庭の味。沖縄市中央にあるカフェ「cafe ouchi(オウチ)」は約2カ月前にオープンしたばかり。日替わりランチ(850円)が人気メニューでメインのおかずは毎日、肉と魚の2種類をそろえる。ひきたてのコーヒーや手作りケーキも楽しめる。店長の安次富夏希さん(36)は「ランチタイムに自分の家のように気軽に立ち寄ってホッとしてほしい」と呼び掛ける。

cafe ouchiの日替わりランチ。メインのチーズトンカツにゴーヤーの漬物、にんじんしりしりなど約8品を堪能できる。

「気軽に立ち寄ってほしい」と呼び掛ける店長の安次富さん(左)とホールを担当しているいとこの森根茜さん=8日、沖縄市中央

cafe ouchiの場所

cafe ouchiの日替わりランチ。メインのチーズトンカツにゴーヤーの漬物、にんじんしりしりなど約8品を堪能できる。 「気軽に立ち寄ってほしい」と呼び掛ける店長の安次富さん(左)とホールを担当しているいとこの森根茜さん=8日、沖縄市中央 cafe ouchiの場所

 日替わりランチは白身魚のムニエルやサケを使ったグラタン、魚南蛮、チーズトンカツ、ハンバーグ-など多数のレパートリーから安次富さんが毎日、選んで調理。副菜には肉じゃがやピーマンのあえ物、にんじんしりしりなどが付く。安次富さんは「なるべく旬な食材を使うように工夫している」と胸を張る。

 安次富さんが店をオープンしたのは昨年10月。約8年間勤めたうるま市のカフェを退職し、障がい者の妹と一緒に働きたいと市中央にある商店街「一番街」の路地裏に店を構えた。うるま市のカフェでは障がい者の就労支援も行っており、安次富さんも支援員として携わっていた経験を持つ。安次富さんは「うるま市のカフェでメニューの開発や運営の仕方、調理方法などをしっかりと仕込まれた」

 日替わりランチ以外にもベーコンとキノコのクリームパスタ(約千円)やミートソースパスタ(同)、キーマカレー(850円)、自家製の黒蜜で作ったバナナパウンドケーキのセット(680円)もおすすめだ。

 安次富さんは「訪れる人たちが家の次に帰ってきたいと思えるような場所にしたい。店名の『オウチ』にふさわしくなるようなカフェです」と話した。(中部報道部・比嘉太一)

 【お店データ】沖縄市中央1の33の3。営業時間は午前11時~午後5時。日・月曜日曜定休。店内には20席。近くに駐車場2台。電話098(960)3363。