高校野球の第65回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・琉球放送、沖縄タイムス社)第10日は4日、沖縄セルラースタジアム那覇で準決勝第1試合を行い、第1シード八重山は那覇商業を7―6で破り、初の決勝へ進んだ。八重山は、来春の選抜大会の選考材料となる九州大会(24~29日・鹿児島)の出場2枠の一つに入った。

八重山高校が那覇商業を下して決勝進出を決めた

 八重山は5―5で迎えた七回裏、先頭の9番伊志嶺瑠希が中越え三塁打で出塁し、1番川満拓也の右犠飛で1点。さらに1死三塁、3番東盛隼己の二ゴロで1点を追加し、7―5と勝ち越した。八回に1点を返されたが、そのまま逃げ切った。

 準決勝第2試合は嘉手納―興南を行い、九州出場残り1チームが決定する。