高校野球の第65回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・琉球放送、沖縄タイムス社)第10日は4日、沖縄セルラースタジアム那覇で準決勝2試合を行い、第1シード八重山と第2シード興南が決勝へ駒を進め、上位2チームに与えられる九州大会(24~29日・鹿児島)の出場権を得た。八重山の九州大会出場は初めて。

 八重山は那覇商業を7―6で下した。5―5で迎えた七回裏、先頭の9番伊志嶺瑠希が中越え三塁打で出塁し、1番川満拓也の右犠飛で1点。さらに1死三塁、3番東盛隼己の二ゴロで1点を追加し、7―5と勝ち越した。八回に1点を返されたが、そのまま逃げ切った。

 興南は嘉手納に3―1で逆転勝ちした。初回に先制を許した興南は0―1の七回裏2死二、三塁、代打の福元信馬の中前打で逆転に成功した。さらに八回、6番高那峻の中前適時打で1点を追加し、逃げ切った。投げてはエース比屋根雅也が1失点完投。

 決勝は10日午後1時から、同スタジアムで行われる。