【郷田まみ通信員】在亜沖縄県人連合会のサロンで9月23日、玉城勝氏(72)の叙勲祝賀会が開かれた。玉城氏は今年の4月に旭日単光章を受章、このたびの叙勲となった。

玉城勝氏

 玉城氏は1970年にコルドバ日本人会の理事となり、86年に日本人アルゼンチン移住100周年をコルドバ市で開催、南城市留学プログラムのあっせんなど日系社会における多くの重要行事に関わり、その発展に携わってきた。また、ウチナー民間大使として沖縄伝統文化の普及にも尽力している。

 祝賀会は沖縄県人連合会の玉城智会長の開会の辞で始まった。玉城勝氏とその家族に祝福の言葉を述べるとともに、祝賀会の協力者であるコルドバ日本人会、在亜南城市民会、久米島町人会、ボリビア親睦会、沖連婦人部、そして沖縄から来亜中の玉城流円の会の平良富士子先生とその生徒さんらに感謝の言葉を贈った。

 舞台では玉城流円の会による琉球舞踊が披露された。連合会婦人部による心のこもった料理とバーベキューを楽しみながら終始、和気あいあいとした雰囲気で祝賀会は進行した。最後に玉城氏へのペルガミーノ(寄せ書き)と花束贈呈が行われた。