沖縄マリンレジャーセイフティービューロー(OMSB、石嶺伝一郎代表理事)は4月、同機関が実施する心肺蘇生法や救助の訓練を受けたダイビング事業者に対し、サービスの安心安全を保証する認証制度を始める。県内のダイビング業界は事業者が900超に増えて低価格競争になり、事故やクレームにつながっているのが現状。