夏の甲子園の再現を見ているかのような、代打攻勢が勝負を決めた。興南は1点を追う七回、2人の代打が好投する嘉手納の仲地玖礼(くおれ)を打ち崩し、逆転に成功した。 まずは1死走者なし、「試合は残りわずか。今しかない」と迷いなく決断した我喜屋優監督は、吉澤誠矢を代打に送った。