FC琉球は序盤の先制点を守り抜いて連敗を止め、勝ち点3をつかんだ。 前半6分、相手守備の乱れを突いてDF岩渕良太が右サイドから中央に上げたボールを、MF藤井貴が右足でゴールに滑り込ませた。その後も優位に試合を進めるが、追加点につながらないまま前半を終えた。 後半、形勢は逆転。