点を取っては取られの激戦は約3時間に及んだ。最後は、八重山の粘りが初の九州切符をもたらした。 チームが勢いづいたのは5-5で迎えた七回の守備。勝ち越しを許しかねない2死三塁のピンチで、那覇商業の8番西平天人が放った打球は左前に落ちるヒット性の当たりだった。