【名護】沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では、5日午前7時ごろから新基地建設に反対する市民約20人が工事車両の進入を阻止しようと、座り込みを続けている。

 工事車両は同日午前10時現在、キャンプには入っていない。辺野古の海上では、市民が船4隻とカヌー14艇を出して、国の海底ボーリング調査の再開を警戒。同10時現在作業は確認されていない。