沖縄県内スーパー最大手のサンエー(上地哲誠社長)が5日発表した2016年2月期の第2四半期決算(連結、15年3~8月)は、売上高にテナント収入を加えた営業収益が前年同期比5・2%増の876億6500万円、経常利益は7・7%増の73億9800万円となり、中間期ベースで3期連続の増収増益となった。純利益は13・6%増の44億3100万円で営業収益、経常利益、純利益ともに中間期の過去最高となった。