【今帰仁】村特産のスイカのジュースで交流する「Empty party空っぽになろう~スイカジュースパーティー」がこのほど、村謝名にある染織工房バナナネシア(代表・福島泰宏さん、福島律子さん)で開催された。約30人が参加。手作りの料理に、村特産のスイカを使ったジュースや色とりどりのドリンクを片手に、交流を楽しんだ。

ギター演奏と弾き語りを披露するSeina(セイナ)さん(左)と与那嶺新さん=9月13日、今帰仁村謝名区の染織工房バナナネシア

 村仲尾次区の与那嶺新さんと、東京で活動し、現在は恩納村に住むシンガー・ソングライターのSeina(セイナ)さんが、ギター演奏と弾き語りを披露。夜空をバックに与那嶺さんが奏でる音色と、Seinaさんの包み込むような歌声に、参加者らは聴き入った。

 与那嶺さんは「楽曲と自然が一つになって音が自然に帰っていくような感覚だった」。Seinaさんは「初めて沖縄で歌った。アットホームな感じがよかった」と目を輝かせた。

 同パーティーを企画・運営した福島里枝さんは同工房の次女。2カ月間、父親の泰宏さんから芭蕉(ばしょう)について学んでいる。かつて学校帰りに一日が終わり、空っぽになった気持ちを思い出し、友人の津波歩さんと一緒に、今回のパーティーを提案したという。

 「心を空っぽにし、将来のことや自分の潜在意識に正直になりたい。今日は、いろいろな分野の方がたくさん集まってくれて感謝」と喜んだ。(赤嶺幸代通信員)