【八重瀬】五穀豊穣(ほうじょう)や区民の健康を願う町富盛の十五夜祭りが旧暦8月15日の9月27日、富盛公民館前で行われた。区民らが旗頭や金鉦、「唐人行列」や「大和人行列」などの華やかな道ジュネーを披露し、女性約100人による「女行列(ヨンシー)」で締めくくった。

区内の女性約100人による女行列で締めくくった十五夜祭り=9月27日、八重瀬町富盛

 老公(アウー)に率いられて繰り広げられた唐人行列はドラや甲高いガクの演奏をバックに展開し、色とりどりで異国情緒たっぷりの衣装などに見学者らは目を見張った。

 祭りのとりを飾る女行列は大きな人形の「タカッチュー」2体を先頭に、花や太鼓を持った女性らが華やかな行進をみせた。指導した同区の川端美代子さん(78)は「老人会などを中心に今年も無事終えることができた。来年はもっと多くの人が参加して盛り上げたい」と話した。