【宮古島】3日にあった「カギマナフラ」の野外イベントで、初代「ミス・カギマナフラ」の選出大会があり、5人の応募の中から東京都の「ポノポノフラスタジオ ハート&ボディーワークス」の代表、西澤優花さん(30)が選ばれた。20歳の誕生日を宮古島で迎えて以来、毎年のように島を訪れ、今回が12度目。今後、島や大会のPRに一役買うという。

初代のミス・カギマナフラに選ばれた西澤優花さん=宮古島市・トゥリバー海浜公園

 審査委員3人と来場者が、踊りや立ち居振る舞い、話し方などを総合して初代ミスを選んだ。西澤さんはフラ歴10年。ハワイにも勉強を兼ねて毎年足を運んでいるという。昨年4月にスタジオを開き、生徒6人とともにカギマナフラに初出場した。

 プライベートでも大の宮古島好きという西澤さんへの副賞は、次回大会時の3泊4日ホテル宿泊券だった。審査委員長の長濱政治副市長から認定証と盾も贈られ、にっこりほほ笑んだ。