2018年(平成30年) 6月21日

沖縄タイムス+プラス ニュース

プロスポーツの沖縄キャンプ到来 J1長崎一番乗り

 沖縄県などが進める「沖縄サッカーキャンプ2018」が13日、本格的に始まった。3月まで続々と沖縄入りし、過去最多の国内外24チームが強化を図る。2月のプロ野球と合わせて温暖な環境の下、県内はプロスポーツのキャンプで華やぐ。

キャンプインし、練習で汗を流すV・ファーレン長崎の選手=西原町運動公園陸上競技場(古謝克公撮影)

 Jリーグ勢の先陣を切って西原町でキャンプインしたのは昨年、J1初昇格を決めたV(ヴィ)・ファーレン長崎。西原町の上間明町長が高木琢也監督や高杉亮太主将らを歓迎。上間町長は「芝の質は県内トップクラス。トレーニングの成果を発揮し良い成績を残せることを期待している」とあいさつした。高杉主将は「長崎旋風を巻き起こせるよう頑張りたい」と感謝した。

 エスコートキッズとして選手たちを招き入れた坂田FCの高良真央君は「Jリーグの選手は身長が大きくて、すごい」と憧れのプロを前にうれしそうだった。

ロシアW杯のニュース・試合結果・速報はこちらから! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ<サッカーW杯>」


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間