3月11日投開票の沖縄県石垣市長選で、県議の砂川利勝氏(54)=沖縄・自民=が出馬の意向を固めたことが13日までに分かった。砂川氏は同日、八重山タクシー協会からの出馬要請に「前向きに検討する」と述べるにとどめたが、複数の関係者が24日に正式表明する日程を明らかにした。

砂川利勝氏

 同選挙では、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)と、新人で市議の宮良操氏(61)がすでに出馬表明しており、保守分裂の三つどもえとなる公算が大きい。

 砂川氏は1963年生まれ。市桃里出身。中部大学土木工学科卒。2002年から市議を4期務め、12年の県議選で初当選し現在2期目。県たばこ耕作組合組合長や石垣葉たばこ生産振興会会長を務めている。