職場などで子どもを預かる事業所内保育園を設ける企業が沖縄県内でも増えてきている。慢性的な人手不足から、職場環境を充実させて人材の確保を狙う。2016年4月に創設された内閣府の「企業主導型保育事業」の補助金制度もあり、設置を後押ししている。