任期満了に伴う沖縄県の南城市長選が14日午前、告示され、現職の古謝景春氏(62)=無所属、自民、公明、維新推薦=と新人で元衆院議員の瑞慶覧長敏氏(59)=無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦=が立候補を届け出た。合併後12年の市政の評価や子育て支援のあり方が争点。21日に投開票される。

南城市長選挙に出馬した古謝景春氏(左)と瑞慶覧長敏氏

 古謝氏、瑞慶覧氏は同日午前にそれぞれ出発式を開いた後、市内を遊説し、有権者に支持を呼び掛けた。