前へ、前へ-。成年ミドル級の高江洲正達は日本代表の浜崎良太(埼玉)を相手に、最後まで果敢に打ち合い続けた。沖縄代表初の成年王者を目指し、挑んだ決勝。0-3のポイント負けに「勝って周りを驚かせたかった」と悔しがりながら、「2回以降はやってきたことを出し切った」と悔いは残さなかった。