沖縄県名護市辺野古への新基地建設をめぐり、政府が「地元」の久辺3区に直接振興費支出を検討していることについて、二見以北住民の会は5日、汀間地区会館で記者会見し、「札束による姑息(こそく)な介入であり、悪質な分断策だ」と批判する声明を発表した。同日、安倍晋三首相と中谷元・防衛相宛てに郵送した。

 同じ東海岸に位置する二見以北10区に住む松田藤子会長、新名善治副会長らは3区と共に取り組む民泊やグリーンツーリズムの事業を説明。声明は「一体となって地域おこしに取り組んでいる努力をつぶそうとするもの」と怒りを示した。