沖縄コンクリート(浦添市、内間耕社長)は、流し込んでから24時間で固まり、利用できる舗装用コンクリートの配合技術「1DAY PAVE沖縄版」を開発した。利用までに28日間の養生期間が必要な従来のコンクリートに対し、大幅に養生期間が短縮できるほか、施工時間も短縮でき、耐久性も高い。