【糸満】来年6月の糸満市長選挙に、元県信用保証協会専務理事で糸満高校同窓会会長の上原昭氏(65)が出馬する方針を固めたことが分かった。正式表明は、これから検討するという。

上原昭氏

 上原氏は「経済政策と観光産業に力を入れて、糸満市の再生をする。雇用拡大や地域活性化を狙い、IT関連企業を積極的に誘致したい」と抱負を述べた。今後、市議団や支援者などと相談して、選挙戦に向けた準備をする意向。

 上原氏は1950年生まれ、糸満市糸満出身。東京大学経済学部卒。74年、県庁に入り、総務部長、知事公室長などを歴任した。退職後、県信用保証協会専務理事や那覇空港ビルディング会長を務めた。