県マスコミ労働組合協議会(沖田有吾議長)は10日、相次ぐ米軍機トラブルに抗議し、普天間飛行場の即時無条件閉鎖を求める声明を発表した。 声明では「県民の生命や財産、平穏な暮らしが壊される前に、普天間飛行場の即時無条件閉鎖を強く求める」と強調。「本来なら政府が率先して米軍側に求めるべき」と非難した。